お客さんが集まる“メッセージ”を作るコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
メッセージ,集客

今回は、メッセージ作るるコツについて詳しくお話しします。

お客さんが集めるメッセージを書きなさい!

なんていわれても、いまいちピンときませんよね。

メッセージの中核をなすもの!

それはベネフィットです。

ベネフィットについては、このブログでも何度かお話ししています。

ベネフィットがお客さんに

突き刺さる=いいメッセージ と考えてもらっていいのではないでしょうか?

 

では、説明します。

 

ベネフィットとは何か?

まず、ベネフィットの定義ですが、

「その商品・サービスを使うことによって得られるメリット、解決できる問題」

と覚えておいてください。

気を付けることは、商品・サービスの特徴を語ることではない!

ということです。

 

売り手の視点から脱却したメッセージを作るコツ

では具体的に見ていきましょう!

たとえば、ここに風に強く壊れない傘があるとしましょう。

 

「この傘は強風にも負けない傘です」

これは特徴ですね。

売り手の視点です。

 

ではこういえばどうでしょうか?

「この傘は、強風にも負けない傘です。だから、もう壊れるたびに買い替える必要はありません」

 

これで、買い替える必要が無く結局、経済的である!

という金銭的ベネフィットが提示できます。

強風により傘を壊して、買い替えた人に響くベネフィットになります。

買い手が経験した視点からメリットを訴求しています。

 

更にこんな感じはどうでしょうか?

「この傘は、強風にも負けない傘です。とつぜん、突風が吹いてきて傘がぼろぼろに・・・。そのせいで全身雨ずぶぬれ状態で電車にのることに。こんな恥ずかしい思いをしたことはありませんか?この傘なら大丈夫!もうそんな恥ずかしい思いはしなくて済みます。」

このパターンは、

経験者にとっては強烈に響くことになりますが、対象者の数はグッと減りますので使うには注意が必要です。

 

ポイントは、特徴を書き出してみて、

だからナニ?

と自問すること。

そして、

商品・サービスを使うことによってお客さんの生活がどう変わるのか?

を考えましょう。

 

それがベネフィットになります。

ベネフィットが的確に表現できれば、お客さんは集まってくれます。

 

では、もう一つの例を!

フィットネスジムで考えてみましょう。

 

「当店はパーソナルトレーナー制をとっています!」

 

だからナニ?

 

「当店はパーソナルトレーナー制をとっていますので、あなたの体調に応じたトレーニングメニューを提示することができます!」

 

だからナニ?

 

「当店はパーソナルトレーナー制をとっています!まずはあなたがなりたい理想の姿を教えてください。パーソナルトレーナーが理想の姿を手に入れるための、あなただけのオリジナルメニューを提案します。あなたは提示されたメニューを淡々とこなすだけで理想の姿を得ることができます。」

 

こんな感じです。

いかがですか?

あなたの商品・サービスも必ずベネフィットがあります。

 

ベネフィットを明確にして、メッセージを作ってください。

お客さんが集まりますので。

 

お客さんが集まるメッセージを作るコツ まとめ

  1. あなたの商品・サービスの特徴を書き出します。
  2. お客さんの視点に立って「だからナニ?」と自問する
  3. 商品・サービスを使うことによってお客さんの生活はどう変わるのか?を考える

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

広告費をかけないで “集客しつづける” 方法

10月18日(日)開催 ネット集客スタートセミナー in京都


ブログやメルマガを使った初心者向けの集客法をお伝えします!


「ネット集客スタートセミナー」は、
はじめてWebマーケティングに取り組む方のためのセミナーです。
特に、美容室・エステ・ジム・飲食店など店舗系ビジネスのオーナーや、
士業・コンサルタント・セラピストなどひとりでビジネスをしている方にぴったりです。

ブログやメルマガ、Facebookなどのソーシャルメディアを活用して、
できるだけ広告費をかけず、継続して集客できる方法をお伝えしていきます。



 

くわしくはココをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。