客数を増やす方法 -アナログ編-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
集客方法

ビジネスを成功させるには、一般的にお客さんを増やすことが必要になります。

しかし、お客さんを増やすといってもここが難しいところ。

色々な方法がネットや書籍で紹介されています。

さて、あなたは何に取り組んでいますか?

 

実は客数を増やす手段として、やはりオンラインを利用した方法が目につきます。

ネット検索すれば、

Facebook、Youtubeをはじめとした動画、インスタグラム、ツイッター、ブログ、ホームページなどなど。

 

しかし、ITに関してあまり得意でない経営者も実際多いと思います。

今回は、オンライン以外のアナログな集客方法についてお話しします。

 

ITには弱い!

そんな経営者は必見です。

 

しかし、オンライン同様、アナログな方法もあくまで手段として捉えてください。

反応があるか?客数が増えるか?

は、書かれているコピーやオファーに大きく影響されます。

それを踏まえて、参考にしてみてください。

 

1 紹介

文字通り、優良顧客からの紹介です。

非常にパワフルな集客方法で、その効果は他のどんな集客方法よりも優秀です。

しかし、弱点もあります。

それは、紹介してくれる優良顧客の善意によるところが大きいということ。

万が一、そのお客さんとトラブルになったり、病気で入院したり、引っ越ししたりしたら一気にそのルートが途絶えることになります。

あなたのコントロール下にないというところが最大のリスクになります。

とはいっても、紹介者の信用をかりられるわけですから、効果的な方法になります。

 

2 FAXDM

最近、あまり脚光を浴びない方法になります。

特にBtoCビジネスは事実上不可能な集客方法になります。

勝手に、送り先の用紙とインクを使う方法なので、クレームが発生する可能性があります。

(私の経験上1000枚送れば2~3件のクレームが発生する)

クレームが起こると、落ち込んだり、ほかのことに手が付かなくなるような性格なら、やめておいた方がいいでしょう。

 

しかし、BtoBビジネスをされているなら、候補に挙げたい集客方法です。

なんといっても、費用が安い。

1通5円~10円で送信可能であり、エリア、業種、従業員規模など細かくセグメントが可能です。

(私の経験上、1000枚で1件の反応は見込めます。)

 

3 ポスティング

チラシを作り、各家庭や企業のポストに投函していく方法です。

特にエリアビジネスの代表である、店舗系ビジネスには向いています。

自分で配れば、費用は掛かりません。(時間と労力は半端なくかかりますが・・・)

チラシ内容によりますが、効果的な集客が可能です。

今は、低コストでポスティング代行してくれる業者がありますので、依頼するのも手です。

 

4 折り込みチラシ

新聞に代表される折込みチラシによる集客方法です。

最近は、新聞購読者が減り続けていることがネックになります。

特に若年層の購読率は極めて低い傾向にあるようです。

あなたのビジネスの対象者が20代、30代がメインなら、選択するのはよく考えた方がいいかもしれません。

しかし、比較的高齢層には、届きやすい方法になります。

 

5 テレアポ

文字通り、片っ端から電話していく方法です。

断られることが前提の集客方法になります。

なにより、いきなり電話を切られたり、激しく罵倒されたりすることがあるので、精神的に強くないと続きません。

これも、専門の代行サービスがあるようですので、そこへ頼めば精神的ダメージは避けられます。

 

6 飛び込み訪問

30年ほど前は、各家庭の玄関先でセールスする姿が良く見られました。しかし、今はそんな時代ではありません。

飛込み訪問は、事実上BtoBに限った集客方法といえます。

多くの企業で実施されている集客活動のメインであり続けています。

敏腕営業マンは、飛込み訪問でいとも簡単に新たな顧客を獲得してきます。

その理由は、相手と対面して、会話が出来るということ。

しかし、相手が不在だとか、門前払いの確率も高いので覚悟が必要です。

 

7 看板

店舗系ビジネスでは、看板は大切な集客方法になります。

看板を変えただけで、客数が増えるという事はよくあることです。

とはいっても、店舗名だけ書いているようなメッセージ性のない看板なら、効果は見込めません。

また、人目のつく場所への看板(広告)は非常に費用が高くつく傾向にあります。

 

8 展示会

BtoBビジネスがメインになりますが、展示会は非常に効果的な集客方法になります。

展示会では、そもそもある程度興味を持っている層が来場している確率が高いといえます。

BtoBビジネスをされているなら、第一に検討すべき集客方法になります。

 

しかし、展示会で物が売れることは、ほぼありません。

目的をシッカリ定めて、名刺をもらってからのアクションが大切になります。

(個人的には、BtoBビジネスにおいては、一番おすすめの集客方法です)

 

まとめ

最近はインターネットを使ったオンラインの情報におされて、脚光を浴びないアナログ集客方法ですが、私は気に入っています。

それは、顧客獲得コストが実は低いことが多いのです。

今回は、様々な種類についてお話ししましたが、あくまで手段であるという事は理解してください。

チラシに書かれた内容(コピー)、オファーなどで反応率は変わります。

 

追伸

ダイレクトメールは、客数を増やす手段からは外しました。

ダイレクトメールは、1通当たり100円程度かかります。

しかし、あなたがBtoBビジネスで顧客対象が明確に限定されているなら、選択肢としてありです。

考えなければならない点は、「封筒を開けてもらうことが出来るか?」です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。