最も効果があるジョイントベンチャーでビジネス拡大を狙う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ジョイントベンチャー
ジョイントベンチャーって知っていますか?

お互いの会社が持つ資産を利用しあいながら事業の発展をねらうマーケティング手法のことです。

特に広告費をあまりかけられない一人ビジネスや、小さな会社にはモッテコイの手法です。

 

ジョイントベンチャーは少ない費用で効果あり

 具体的に説明すると、こんな感じです。

美容院とネイリストなんかはよく目にしますよね。

待ち時間を利用して、
ネイルサービスが受けられます。
客層も同じ。場所も美容院の一角に小さなデスクと椅子があればOK
 
こんなのはどうでしょう。
 美容院と写真スタジオなんかもいけそうですね。

美容院は顧客リストをもっていますよね!

例えば誕生日がわかれば、記念の写真を残すことも考えられます。

美容院にとっては、
記念日に残す写真のための特別メニューの提示で集客できる。

写真スタジオにとっては、美容院の顧客にアプローチできる。

 

誕生日がらみならまだまだ提携先は考えられますね。

 

あなたのビジネスのお客さんはどんな人ですか?

そのお客さんのリストをもっていると思われる他のビジネスはなんでしょうか?

 

想像力を働かせて考えてみるのも良いかも知れません。

ジョイントベンチャーが成功すると、一気にビジネスが拡大することはよくある現象なんです。

 

ジョイントベンチャーの特徴は、
“経済的利益の発生が双方同時に起こる”ということ。
 

費用負担のリスクはほとんどないのです。

このようにお互いの資産を利用しあうマーケティング術がジョイントベンチャーです。

アウトソーシングとは意味あいが違います。

  

参考になる百貨店の生き残り術

 かつて、日本における高度成長とともにもてはやされた「百貨店」。

近年では、
専門店やショッピングモール、アウトレットなどにお客さんを奪われ業績はみるみる悪化。
 

最近は業績も底を打ち回復傾向にあるみたいですが・・・

 

ピーク時の1991年には国内の総売上・・・12兆円強

昨年2014年の国内の総売上・・・6兆円強

半分ですよ!

えらいこっちゃ!ですよね。

 

僕が、小学生低学年の頃、
母親に連れられて高島屋に行く時なんかは、ウキウキワクワクしたものです。

最上階のレストランでの食事、おもちゃ売場やペットショップ、極めつけは屋上遊園地!

強烈に子供の心をつかんで離しません。(現代の子供は興味ないでしょうね)

 

そんな求心力をもっていた「百貨店」も、より専門家がすすんだ飲食店やファーストフードに完敗。
おもちゃ売場はトイザラスの魅力には勝てません。
屋上遊園地はスマホや家庭用ゲーム機に敗れ。
ペットショップも大型ショッピングセンターにより大きなスペースで展開、そして清潔感。

 

こうして家族単位を引き付けていた時代は去ってしまったのでしょう。

 

ところが最近は様相が変わってきました。

僕の住んでいる近所の大丸山科店。

小さな町の百貨店ですが、
「ニトリ」が2フロア占有、集客力抜群の「ユニクロ」も入っています。
 

特に特筆すべきは、大丸梅田店では無いでしょうか。

「ユニクロ」はもちろん、お父さん向けに「東急ハンズ」、
子供向けには「ポケモンセンター」や「トミカショップ」をテナントに入れて、梅田百貨店戦争を勝ち抜く様相だそうです。
 

これもジョイントベンチャーだと思いませんか?

  

あなたのビジネスの主力になる
お客さんのリストを保有している会社、お店はありませんか?
 

一度、止まって考えてみてください。

走りながら考えるのは「普通の人」では無理なので・・・。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

広告費をかけないで “集客しつづける” 方法

10月18日(日)開催 ネット集客スタートセミナー in京都


ブログやメルマガを使った初心者向けの集客法をお伝えします!


「ネット集客スタートセミナー」は、
はじめてWebマーケティングに取り組む方のためのセミナーです。
特に、美容室・エステ・ジム・飲食店など店舗系ビジネスのオーナーや、
士業・コンサルタント・セラピストなどひとりでビジネスをしている方にぴったりです。

ブログやメルマガ、Facebookなどのソーシャルメディアを活用して、
できるだけ広告費をかけず、継続して集客できる方法をお伝えしていきます。



 

くわしくはココをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。