売りたいなら売り込みは逆効果!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
売込み

ビジネスを継続的に営む上で必要なもの、それは利益です。

あからさまに“お金”といえば拒否反応を示す人もいるかもしれません。

でも、企業として、ビジネスとしての死亡を意味する「倒産」。

これは、お金が無い状態で起こるもの。

なので、結果的に「利益」が最も必要なものとなります。

言い方を変えれば、継続的に利益シッカリ確保し続ける活動がマーケティングの目標となります。

 

利益は「セールス」という活動からのみ発生します。

だから、普通は売込みをかけますよね。

高度成長時代の日本ならそれでイケました。

必要なものが周りに多すぎるのです。

あれもこれも欲しい!

という所有欲が旺盛だったから。

 

その後、ネット通販の時代を迎え、まだ消費者が慣れていないときには

「売り込み色」満載のページでもよく売れました。

ほんの最近までよく売れていたんです。

 

どちらも、売り込めば簡単に売れた時代です。

でも現代は違います。

 

情報は氾濫し、お客さんは疑心暗鬼になっています。

まったく知らない人や会社からは、なかなか購入しようとは思いません。

 

買って買って!というほど逆効果

そんな時に、買って、買って!

といってもほとんど反応はないでしょう。

 

まず、あなたを知ってもらうこと、あなたの会社を知ってもらうこと。

これが重要になります。

 

別に友達になれといっているのではありません。

この人なら大丈夫、この会社なら大丈夫!

と思ってもらうことです。

騙されたくないのです。

 

でも、そのきっかけが無い?

 

あなたの専門性を無料プレゼントする

そんな時には、興味を持ってもらいそうな「無料プレゼント」を用意することをお勧めします。

無料でもらえるなら、見込み客は行動を起こそうとします。

でも、ここでも注意です。

 

いざ、無料プレゼントを申し込もうと思っても、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなんかを欲張って入手しようとしたら、お客さんは去ってしまいます。

 

オンラインならメールアドレスだけで済ますのがBESTです。

オフラインなら、最低でも住所、氏名が必要になります。

よほど、名の知れている大企業しか難しいでしょう。

 

そんな時は、「しつこい電話勧誘など絶対しない!」宣言が必要です。

でも、かかるコストのことを考えれば、メールアドレスは取った方がいいでしょう。

メールなら、コンタクトを継続的に取り、信頼関係構築にかかるコストは無料になります。

 

では、無料プレゼントをどうして知らしめるのか?

現実的には、オンラインで告知することが必要になります。

 

メディアはブログとSNS

メディアの中心は、ブログ。

飛び道具として、SNSをうまく活用することが必要になります。

リスティング広告なども組み合わせると知ってもらえるスピードが上がります。

 

まず、興味を持ってもらうこと。

そして、あなたが持っている情報を「これでもかっ」というまで提供し続けること。

本当に役立つ情報なら、お客さんは行動をとってくれます。

それから、“売り込み”です。

(売り込みという言葉があまりピッタリ来ませんが)

 

売りたいなら売り込んじゃダメ!

ということです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。