客数が増えないのはマーケットを決めていないから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
市場を決める

お客さんを呼ぶ=客数を増やすにはマーケットを決める必要があります。

マーケットとは文字通り市場です。

もっと平たく言うと、あなたのビジネスのお客さんがいるのはどこ?

ということ。

集客マーケティングを成功させるには、まずマーケットを決める必要があります。

決して、「近所の住民」とか「町の経営者」という決め方はよくないです。

 

誰を対象にした商品・サービスですか?

あなたの商品・サービスは誰のために役立つのでしょうか?

士業の方なら、経営者ですか?個人ですか?

専門分野は多岐にわたると思いますが、その中でもどの分野に専門性を発揮できますか?

 

あなたが企業にお勤めの方だとしても同じです。

あなたの、会社の商品・サービスを買ってくれるのは誰ですか?

法人ですか?個人ですか?

法人であれば、どんな業種のどんな役職でどんな業務を担当している人ですか?

 

こまごまとお話ししましたが、これがマーケットです。

このマーケットを詳細に決めていない人が非常に多いのが実感です。

残念ながら、大半の方は決めていないのでは?

 

相手が決まらないと何も決まらない

マーケットを決めるということは、非常に重要です。

あなたの商品・サービスを訴求しようとしても、相手が漠然としていたらどうでしょう?

どんなメッセージが出来上がるでしょうか?

 

例えば税理士なら

「税のことでお困りなら親切・丁寧をモットーの○○税理士事務所まで!」

アパレル関係なら

「地域住民の皆様のおかげで○○年、オシャレのことなら△△へ!」

 

目を覆いたくなる例として

チラシやホームページのヘッドライン(キャッチコピー)に会社名や店舗名をデカデカと書いているパターン。

 

誰に向けた商品なのかが決まっていないのでこんなパターンが散見されるのです。

学習塾なんかそんな感じですよね。

 

その他大勢と同じでは勝てません

リスクを負ってまで、何のために起業したのでしょうか?

いつも自分に言い聞かせています。

 

その他大勢と同じ考え、同じ行動では同じ結果しか生まれませんよね。

同業者から批判が聞こえてこないようなら、あまり褒められたマーケティングはできていないと判断してもいいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。