“お客さんの声”を取って集客マーケティングを実践する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
お客さんの声

あなたはビジネスの商品・サービスを購入したお客さんの声は取っていますか?

もし取っていないなら、早急にとりましょう。

なぜなら、新規の集客には信頼性や証拠の提示が必要だから・・・。

お客さんの声は必要なマーケティングコンテンツ

あなたはインターネットで買い物をしたことがありますか?

興味のあるサイトにお客さんの声があると読みますよね。

Amazonや楽天でも購入商品のお客さんの声やレビューを気にしませんか?

 

チェックしますよね?

 

自分は、商品の購入をするときにお客さんの声をチェックするのに、

自分のビジネスに関しては、お客さんの声を取らない経営者が多いのはチョット理解できないです。

 

あなたが、

国家資格や書籍の執筆、メディアへの出演や講演実績など誰が見ても信頼性の情報があれば素晴らしいことです。

でもそんな実績がある経営者はほんの一握りの人。

 

多くの起業家は実績なしでスタートします。

そして、起業から数年間は目立った信頼性情報があるわけではありせん。

 

そんなときに、信頼性や証拠を提示してくれるもの・・・

それが、“お客さんの声”なのです。

だからお客さんの声はぜひ取るようにしましょう。

 

それが集客という高いハードルを下げてくれる効果があります。

 

さぁ、お客さんの声を取りましょう!

明日から、お客さんの声を取りましょう!

といっても、どのような答えが欲しいのか?

あなたが、リードする必要があります。

 

よく見る“残念”な顧客の声がありますが、

そんなことにならないようにお知らせします。

 

一番よくある間違えが、

お客さんの声をもらう際に

「何でもいいので商品・サービスを受けてみた(使用した)感想を書いてください!」

というもの。

このパターンが多くて目を覆いたくなるような結果の“お客さんの声を”インターネットで掲載しているサイトも散見します。

 

どんな声が欲しいのか?それはあなたがリードする必要がある

お客さんは、あなたの意図は知りません。

また、なんの目的のアンケートなのか?

先読みしてくれるはずもありません。

 

そんなの、マーケティングとはいえないですよね。

“たまたま”を期待した当たりくじのようなもの!

 

シッカリとあなたの商品・サービスが現状の問題点をどのように解決できたのか?

どんな幸せが現在得られているのか?

 

の声が得られていないなら、効果はありません。

 

ですから、お客さんにはチャンと伝えて感想を書いてもらいましょう。

それが出来ないなら、声を取る意味はありません。

 

だって、新規の見込客があなたの商品・サービスを選んでくれるためには

抱えている問題点やもっと幸せになりたい将来像を提示することが必要!

 

あなたの商品・サービスを購入しようかと考えるお客さんは

似たような境遇、年齢、性別の声を求めているのです。

 

さぁ、お客さんの声を取りましょう!

協力を依頼して、嫌がる人っていないものですよ。

 

まずは行動です。

行動しない人がほとんど(80%)なのですから!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

広告費をかけないで “集客しつづける” 方法

10月18日(日)開催 ネット集客スタートセミナー in京都


ブログやメルマガを使った初心者向けの集客法をお伝えします!


「ネット集客スタートセミナー」は、
はじめてWebマーケティングに取り組む方のためのセミナーです。
特に、美容室・エステ・ジム・飲食店など店舗系ビジネスのオーナーや、
士業・コンサルタント・セラピストなどひとりでビジネスをしている方にぴったりです。

ブログやメルマガ、Facebookなどのソーシャルメディアを活用して、
できるだけ広告費をかけず、継続して集客できる方法をお伝えしていきます。



 

くわしくはココをクリック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。