コピーライティングで勝ち抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コピーライティング

コピーライティングと聞くと、どんなものを想像しますか?

 

多くは、抽象的で意味深な「ワンフレーズ」的なものを想像さていると思います。

よく、大企業がテレビなどのマスメディアを通じて流しているものです。

しかし、ここでいうコピーライティングとは、そんな抽象的で意味深なものを指しているのではありません。

ハッキリ言って、店舗ビジネスやひとりビジネス、小さな会社を経営されているあなたには、そんなコピーは必要ありません。

まずは、忘れ去ってください。

そうでないと、全く反応のないメッセージが出来上がってしまいますので注意が必要です。

大企業のコピーは参考にしないようにしましょう。

 

あなたが、取り組むべきコピーは、メッセージが強力で、具体的であることが必要です。

そんなコピーをつくり、あなたのホームページに記載しましょう。

 

オンラインであるインターネット以外のチラシやダイレクトメール、店舗内POPまで同じメッセージで広告宣伝しましょう。

ダイレクトレスポンス型とマスメディア型のマーケティング

ダイレクトレスポンス型とマスメディア型。

ご存知ですか?

マーケティングを勉強しているあなたならご存じですよね。

 

ダイレクトレスポンス型マーケティング

Direct Response Marketing(以下DRMという)と表現します。

  •  対象を特定する
  • 個人に合わせたメッセージ
  • 関係性を継続する

例:メルマガ、DM、電話、FAX

 

マスメディア型マーケティング

  • 対象を特定しない
  • 誰に対しても同じ広告
  • とにかくたくさん伝え続ける

例:テレビ、ラジオ、新聞、雑誌

 

小規模ビジネスである私やあなたはどちらのマーケティングに取り組むべきなのか?

それは火を見るより明らかです。

潤沢な広告費を使える大企業が取り組めるマスメディア型マーケティング。

店舗ビジネスや士業やコンサルタントなどのひとりビジネス、小さな会社に必要なDRMです。

 

今や、市場はDRMが主流となっています。

注意:現在は大企業もDRMを取り入れ始めています。

 

あとは、あなたが勝てる市場で勝負することが必要となります。

勝てる市場とは?

 

ズバリ!ニッチ化です。

ニッチ化を宣言するのもコピーライティングです。

 

結局、マーケティング上コピーライティングは、切っても切り離せないことになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。