失敗しないコンテンツマーケティングの第1歩とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コンテンツマーケティング

失敗しないためのコンテンツマーケティングとは、何に気を付ければいいのでしょうか?

今や多くの企業で取り組まれているコンテンツマーケティング。

ここ最近は、小規模ビジネスが主体となっていたこのマーケティング手法は、大企業にも取り入られています。

 

 なぜだかわかりますか?

それは、効果があるから!

なのです。

すごく当たり前ですが、効果がハンパないのです。

 

理由はそれだけです。

 

 コンテンツマーケティングの定義

Content Marketing Institute社によると

コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方である。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。

 

ということです。

 

では、コンテンツマーケティングを実施するにあたり、

1つだけ大事なことをお伝えします。

 

なぜ1つだけ?

 

という声が聞こえてきそうですね。

もちろんコンテンツマーケティングを成功させるには、1つだけではありません。

 

詳しくは、次回の記事にアップしますので、

まずは、大原則の1つを知ってください。

そして、考えてください。

 

それだけで、霧が晴れたようにすべてがクリアになっていきます。

 

それでは、答えです

 

あなたが「商品・サービスを買ってほしいお客さんは誰ですか?」

 

これが答えです。

これが失敗しないコンテンツマーケティングの第1歩になります。

 

なんだそんな事か・・・。

と思っているあなた!

 

明確にお客さんが決まっていますか?

仕事がら、たくさんの経営者とお話しする機会があります。

 

コンサルティングをしていて、本当に頻繁に感じることがあります。

それは、お客さん像がハッキリしていないという事です。

だから今からお話しすることを是非やってみてください。

 

それだけで成功は大きく近づいたも同然。

 

本当ですよ!

 

では、お客さんを決めるために必要なことをお話しします。

 

みんなに好かれようと思っていませんか

あなたが提供している商品・サービスはいろいろなタイプのお客さんがいるかもしれません。

そんな、現状があなたの決断を誤らせてしまいます。

コンテンツをつくる際に、八方美人的なメッセージが散りばめられたものが仕上がってしまいます。

みんなに好かれようとすればするほど、見向きもされない状態になります。

 

理想のお客さんを具体的にするワークに取り組んでください!

これが出来れば、完成です。

早速取り組んでください!

 

まずは基本的なところですが、

名前、性別、住所、年齢、職業、年収(世帯)、会社名、学歴、役職、既(未)婚、家族構成をシッカリ決めましょう。

そして、

休日の過ごし方、趣味、よく読む雑誌、SNS利用の状況、好きなこと・嫌いなこと、どんな悩み・問題を抱えているか、興味を持っている分野などを決めていきます。

 

これは最低限必要なお客さん像の「プロフィール」になります。

これは、最低限決めておく必要があります。

 

持ちろんこれだけでは足りませんが、

まずはここから。

 

これさえ決まれば、霧が晴れたように、

なにをすればよいのかが決断できるようになります。

 

今回は、これで以上です。

まずは、コンテンツマーケティングの第1歩。

だれにお客さんになってほしいのかを決めましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。