あなたのビジネスはナニ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
色々な職業

質問です!

 

あなたのビジネスは何ですか?

レストラン経営 治療院経営 印刷業 保育所経営 士業

などなど・・・

様々な職種、業種が出てくることでしょう。

DRMの世界的権威「ダン・ケネディ」は

言っています。

それではダメだと。

 

経営者であるあなたの仕事は

“マーケティング”であると。

 

 

先に例を出した職種で解説すると

 

レストラン経営者は、

よりおいしい料理法や新たな素材の調理法

を勉強する。

 

治療院経営者は、

施術のスキルアップや新たな施術テクニック

を勉強する。

 

当然のことですよね。

その道のプロフェッショナルとしてビジネスをやるには当然のこと

だと思います。

でもそれでは成功を手にできない!と言っているのです。

 

なにを言っているの?と思っておられると思います。

 

ダン・ケネディが言っているのは意識(マインド)を

変えろという意味です。

 

具体的に説明しましょう。

 

コーラ飲料を1000円で売れますか?

 

どうすればいいでしょうか?

 

コーラに美容成分でも入れますか?

コーラを特定保険用食品に指定させますか?(既にありますが200円もしません)

 

このように自分のビジネスで提供する商品・サービスばかりに目が行き、お客の視点で物事を考えられないからダメだ!

と言っていると解釈してください。

 

どういうこと?

 

一例をあげます。

コーラを1,000円で売るには、コーラを売ってはいけません

 

ヒルトンホテルのラウンジでならコーラは1,000円で売れます。

クレームもありません。

中身は市販されている普通のコーラでも・・・

 

あなたも、経験ありませんか?

一杯1,000円くらいするコーヒーを飲んだことが。

 

結論です。

お客はコーラを飲みに来ているわけではありません。

高級ホテルのラウンジで、優雅な気分に浸り、優越感を抱きながらその空間にお金を払っているのです。

 

それが、お客が求めているベネフィットです。

 

いくら美味しいコーラを作っても、機能性を付加しても

1,000円でコーラが売れないのは解っていただけると思います。

 

 

ですので、

「うちの製品は使ってもらえれば良さがわかる!」

「一度食べてもらえれば満足してもらえるはず!」

だけでは、ダメなんです。

 

一度使ってもらうには、マーケティングに取り組むことが必須です。

一度食べてもらうにも、マーケティングに取り組むことが必須です。

 

 

マーケティングによって、あなたの商品・サービスを知ってもらう必要があります。

知らない限りお客が、「一度使ってみる」機会は永遠に訪れません。

 

あなたが顧客にしたいのは、どんな人ですか?

そして、その人はどんなベネフィットを期待しているでしょうか?

 

1時間でいいです。立ち止まって考えて、メモに書き出しましょう。

 

今回はこのあたりで失礼します。

まだまだお役立ちマーケティング情報をお知らせします。

 

楽しみにしておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。