リピーターを育てる集客マーケティング その①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
リピーター

リピーターを育てるのは、集客マーケティングの王道といってもいいでしょう。

80対20の法則によると、上位顧客20%で会社の売上の80%が生まれる。

この法則は、どんなビジネスにおいても、ある程度当てはまるのは、経験則が証明しています。

 この現象をひも解けば、答えは「優良なリピーター」になります。

優良なリピーターである、上位顧客の20%は、頻回にリピート購入という行動を起こすのです。

 

ここで考えたいことがあります。

このリピーターを少しでも増やせれば・・・。

 

利益は、どれだけ跳ね上がるか?

しかも、顧客獲得コストは比較にならないほど安く済みます。

 

強烈なファンのリピーターが10%増えると、あなたのビジネスにおける利益インパクトは想像を超える現実があるのです。

  

どんなビジネスであろうとリピーターが増えると、ビジネスの利益は押し上げられ、安定度も高まります。

リピーターですから、コンタクトをとることも可能です。

売上を上げようと思えば、接触を試みて、オファーするだけで売上・利益をコントロールできるようになります。

 

優良なリピーター候補を集客することが肝心

一概にリピーターといっても、あなたのビジネスに大きな利益を残してくれるのは、一部の優良なリピーターということになります。

あなたのビジネスにおいて、この優良なリピーターが育っていないなら、それに取り組む必要があるのではないでしょうか。

その前に、優良なリピーター候補に来てもらわなければなりませんよね。

優良なリピーター候補に来てもらうには、あなたのビジネスのポリシー、こだわり、得意とすること、などに反応してもらう必要があります。

一言でいえば「顧客が求めているもの」になります。

   

優良なリピーターを育てる

すべての顧客は、新規客から始まりますよね。

紹介であっても、通りがかりであっても、口コミであっても、ホームページを見て来店されたとしても・・・。

最初は、新規客です。

その新規客から、優良なリピーターを育てていくことが必要になります。

 

経営の神様であるドラッカー氏が、「ビジネスの売上の80%は優良なリピーターから生まれる」と言っているように。

そして、優良なリピーターが増えれば増えるほど、ビジネスの安定度も成長速度も高まります。

 

新規客に対してすべき行動とは?

あなたのビジネスに、新規客が来たら次の目標を達成する必要があります。

それは、早期に2回目の購入をしてもらうことです。

 

そう、リピーターの誕生です。

まだ、人間の成長に例えると、よちよち歩きの状態(よちよち客)です。

 

リピーターは、育てるものです。

そのためには、こちらからアプローチすることが必要になります。

あなたの、お客さんが求めている情報が、あなたのポリシーやこだわり、得意なことに合致するとリピーターになる確率が増えます。

 

よちよち客にするための接触方法

よちよち客にする、ということは、あなたの商品・サービスを買ったばかり。

そんなお客さんに、次はコレ!その次はコレ!と売り込むとお客さんは離れていきます。

 

結局はセールスをかけるのですが、

順序が必要です。

まずは、購入してもらった感謝の気持ち。

そして、その商品・サービスのよりよい使い方。

 あなたのこと、あなたの会社、お店のことをもっと知ってもらうために情報を届けてください。

 

少なくても初回来店(購入)から、3か月の間に2回目の来店(購入)をしてもらうようにしましょう。

そのためには、週に1回程度の接触が理想です。

そんな頻回には無理!

そう思われたら、最低でも2週間に1回は、接触しましょう。

 

ここで、注意。

3か月の間、何もしないと、お客さんはあなたのことを「忘れている」可能性が高いということを。

 

続きは次回ブログで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。