オファーで競合ひしめく市場から抜け出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
オファー

あなたはお客さんにどんなオファーをしていますか?

オファーは物凄く“大事”です。

あなただけの“売り手市場”が手に入る可能性があります。

一方、オファーの弱い広告もよく見かけます。

〇〇%OFFとかいうたぐいのものです。

98%OFFならインパクトあるでしょうが、5%や10%ならそれは日用品の世界。

言葉足らずとアイデア足らず、そして度胸足らずが原因です。

 

弱いならまだましかも。

まったくオファーが無い広告もあります。

それは、イメージ広告や屋号だけが書かれた広告。

 

広告代理店から、こんなことを聞かされたことはありませんか?

人目についていれば無意識にあなたの会社が覚えられます。

潜在意識に刷り込まれると、お客さんは必要なときに選んでくれます。

 

こうして、電柱への看板や空き地の立て看板や駅看板などが売れていくのでしょう。

それは、

本当かもしれません。

ウソかもしれません。

 

わからないのです。

だって、計測することが非常に困難なことだから。

 

お金が余り過ぎて、広告費にバンバン使えるならアリです。

でも、このブログを読んでいるあなたはそうではないですよね。

 

だったら、オファーの無い広告は一切やめましょう。

 

オファーは徹底的に真似しましょう

これをDAIGO風にいうと「TTP」といいます。

(Tettei Tekini Pakuru)

同業からパクれば道義上問題があるので、異業種からパクりましょう。

TTPするためには、普段から他業種の動向を見ておく必要があります。

たとえば、折り込みチラシやポスティングされるチラシ、会社に来るDMなど。

 

多忙なあなたは、ゴミ箱へ直行だと思います。

でもチョットまってください。

いいサンプルが埋もれている可能性があります。

 

なにも読む必要はありません。

3秒で引き込まれないなら、ポイっとゴミ箱直行でOKです。

 

自分を振り返って客観的にチェック

他人から来るチラシやDMはゴミ箱直行なのに、いざ!自分でチラシを作ると・・・。

なんて平凡なの?

と他人は思っても、自分では気付きにくいんです。

 

そう、あなたが、チラシやDMをゴミ箱に捨てているその中に、あなたが作ったチラシが入っていたらどうでしょう。

そんな意識で作ってみることが必要です。

 

チラシだけではありません。

ホームページも同じ。

3秒で判断してサヨナラ!です。

 

オファーとキャッチコピーが生命線になります。

 

強いオファーを参考にする

では、強いオファーとはどんなものでしょうか?

 

古いところでは、

注文からお届けに30分以上かかればピザ無料!

 

最近では

結果にコミットする!30日間全額返金保証

 

通販では

分割金利手数料は一切かかりません。ジャパネットたかたが全額負担します!

今なら月々○○○○円で購入できます。

 

歯科医院では

歯を抜かない矯正専門。もし歯を抜いたら治療費全額返金します!

 

さぁ、いかがですか?

TTPしてあなただけの“売り手市場”をつくれるかも知れません。

要は、勇気、決意などのマインドの部分が大きく影響します。

同業者や知り合いからどう見られるか?

なーんて気にしてたら、できません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。