インターネットマーケティングは特別なものと思っていませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
インターネットマーケティング

インターネットマーケティング。

ブログマーケティング、SNSマーケティング・・・

様々な言葉があり混乱している方が多いかも知れません。

 

一般的に経営者は、ITに強いかたは多くはありません。

少なくても僕がお会いする社長は、あまり知らないようです。

だから、インターネットマーケティングに関しては、なにか特別なものであるように思っているようです。

 

今回は、インターネットマーケティングと店舗ビジネスやBtoBビジネスのように、人の顔が見える従来型マーケティングについてお話しします。

 

インターネットマーケティングって特別なもの?

答えはNoです。

インターネットマーケティングは、ネットの強みを生かしながら、行うマーケティングのこと。

ですから、従来のマーケティングと本質的には違うところはありません。

安心してくださいね。

押さえる基本は、マーケット・メッセージ・メディアの3つです。

この3つを最適化すれば、マーケティングは成功します。

 

どれだけ広告費を掛けられるかに左右されるだけです。

 

ただし、インターネット特有の特徴があるので、それを最大限活用しようという話です。

それが、SNSを使ったマーケティングやコンテンツマーケティング、PPC広告などと聞きなれない言葉があふれているので、難しそう・・・。

と思ってしまうのです。

 

ハッキリ言って、詳細を理解する必要はありません。

あなたは経営者です。

専門化が進んだ、領域は外部に任せるのが一番です。

 

なんのためにやるのか?の全体像だけ理解していれば大丈夫です。

 

 リアルとインターネットを融合させることを考える

 あなたが「靴屋」をある商店街で営んでいるとしましょう。

恐らく、競合店は数えるほど、多くても2~3件くらい。

お客さんは、ほぼ地域住民。

 

あなたのこだわりを、ホームページを使って伝えてください。

メッセージになります。

 

どんなお客さんに来てほしいのか? マーケット

そのお客さんに何を提供できるのか? メッセージ

どんな方法で知らせるのか? メディア

 

いつも撒いているチラシでOK。

やったことが無いなら、少数でもいいのでやってみましょう!

そして、そのチラシにウェブサイトのアドレスを目立つように記載。

 

チラシに反応したお客さんが、ホームページにアクセスしてもらえるように

メッセージを出してください。

 

チラシにはスペースの限度がありますが、

インターネットの世界では、無限のスペースを使うことができます。

これがリアルとインターネットを融合させたマーケティングということになります。

 

ここで、重要となるのは、マーケットとメッセージです。

特にメーッセージに関しては、ノウハウがありますので、別の機会でご紹介しますね。

 

結論として、インターネットマーケティングとは、

あなたが慣れ親しんだマーケティング(広告や販促活動といった方が解りやすいですか?)と考え方は同じ土俵にあるということ!

 

使う手段が多様化しているだけです。

解らないからイヤだ!

というのではなく、うまく活用していきましょう。

 

この先10年という見通しを考えると、インターネットを使わないという選択肢はありえませんので。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネット集客スタートセミナーin京都(11/28)

ネット集客の全体像を理解できます!全体像を知ることにより小手先の集客法に惑わされることもなくなります!

ネット集客セミナー

11月28日(土)京都にて開催決定!

詳しくはクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。