リピート率が上がらない理由はコレかも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
サンキューメール

特に、店舗ビジネスの経営者であるあなたに!

是非、お知らせしたい「リピート率」を上げるための秘訣をお話しします。

 リピート率の向上は売上げアップに貢献します。

まぁ、当然ですよね。

売上げよりも貢献度が高いのは、「利益」に対してです。

これも、当然です。

それは、新規客を集める広告費とは、比べものにならないほど安く集客できるから。

 

だから利益率が上がります。

では、何をすればいいのでしょうか?

 

やることはいたってシンプルです。

なにも難しいことはありませんし、一発逆転!なんて話ではありません。

ただ、やっていない経営者は、「面倒」という感想があるようですが・・・。

 

その1 サンキューレターを出す

お客さんがあなたの商品・サービスを買ってくれたとき、いわゆるお礼状(サンキューレター)は出していますか?

飲食店、サロン、いろいろお話しを聞いていると

「やっていません!」

 

理由は、“時間が無いから”に集約できます。

確かに、朝から晩まで、お客さんの対応や事務作業などで手一杯なのはわかります。

でも、サンキューレターを出すことは、リピート率を上げるマーケティング活動です。

本来、時間が無いからやらないというものではないのです。

 

もし、あなたがスマホでFBをチェックしているなら、その時間をあててほしいです。

売上・利益に貢献していない時間を、ほんの少しサンキューレターを書く時間に割いてください。

何度も言いますが、これは利益を生むマーケティング活動になります。

 

その2 定期的に接触する

初回購入者である、お客さんにサンキューレターを出したとしましょう。

そのあとは?

 

1回限りでは、効果は極めて少ないです。

リピート率を上げるには、継続的に接触を試みることが必要になります。

 

特に店舗ビジネスでは、キャンペーンなんかが、わかりやすくていいですね。

方法は、メールでもハガキでも封書でも構いません。

でも、恐らく反応率がいいのは、封書(ダイレクトメール)です。

ハガキでは、伝えるメッセージが物理的に制限されます。

メールは開封率が問題。

封書(ダイレクトメール)なら伝えたい事はすべて記載できますし、クーポン券なんかも入れることができます。

チラシも同封できます。

ただし、コストは一番かかります。(1通最低82円)

 

その3 キャンペーンの計画を立てましょう

継続した接触を試みるネタとして、キャンペーンは外せません。

その場の思い付きで実施していたら、忙しさに拍車がかかります。

あなたのビジネスにおいて閑散期があるなら、そこへキャンペーンを組み込むのも手です。

 

まずは、年間スケジュールを立てましょう。

最初はザックリでいいです。

まずは、計画を立てること! それが無いと詳細が決められません。

 

その4 使える接触方法を複数持つ

最初のサンキューレターは、ハガキでいいでしょう。

その後の、接触ツールは複数持つことがお勧めです。

ハガキだけだと、伝える内容が制限されます。(スペースの問題)

 

ダイレクトメールなら好きなだけ伝えることができます。

でも、郵送費がかかります。

メールなら、伝える文字数の制限はありません。

なんといっても、無料です。

 

このリピート対策マーケティング活動に慣れてきたら、

初回購入時はハガキ!

商品・サービスに対するあなたの思いや人となりを伝えるには、メール!

キャンペーンの告知はダイレクトメール!

 

などと目的に合わせるのも手かもしれません。

 

最強の接触方法は対面

そんな取り組みの結果、リピーターとしてお店に来てもらったら対面の接触ができます。

これが一番強力な接触効果が期待できます。

お客さんの名前を呼び掛けてください。

「~~さん」こんにちは!いらっしゃいませ!

 

名前を知るには、仕組みが必要になります。

ここは、考えてみてください。

 

最後に

まずは、はじめることから。

サンキューレターを出してください。

目を見張る成果が出てきますよ。

 

言い忘れました!サンキューレターは手書きで書くことが重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。