反応が上がるダイレクトメールのチェックポイントBEST5 その②

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ダイレクトメール

反応が上がるダイレクトメールのチェックポイント第2弾。

前回に引き続き、お話しします。

ダイレクトメールを送りなさい!

といわれても、ペンが走らないことはよく聞く話しです。

なぜ、何を書いたらいいのか分からないのでしょうか?

それは準備不足です。

あなたの商品はあなたいちばんよく知っています。

だから、事前に商品・サービスのことをメモに書き出すことから始めましょう。

お客さんにとってどんなメリットがあるのか?

どんな幸せが訪れるのか?

お客さん視点になって書き出しましょう。

あとは、つなぎ合わせるだけです。

 

では、やりがちな間違いポイントをチェックしながら第3位以降を見てみましょう!

 

第3位 申込み期限が記載されていない

これ、よくあります。

申込期限は、ぜひ付けてください。

反応率ががぜん変わってきます。

人は、申込み期限がないものには、申し込んでくれません。

お客さんがよほど欲しい物なら話しは別ですが、ほとんど申込みには至らないと思って下さい。

ですから、申込期限はしっかりと入れるべきです。

期限を入れるといっても、2か月や3ケ月先まで!

なんてことはやめてくださいね。

通常は1か月以内。

出来れば2週間程度がいいですね。

 

 

第2位 申込書が目立たない

ダイレクトメールに同封する申込書。

申込書は、一目でそれとわかるようにしましょう。

送る側の立場では、ちゃんと入れておいたから見てもらえるだろう。

と思いがちですが、そんなことはありません。

ましてや、

申込書に記載する項目は、

商品・サービスを提供することができる最小限の項目だけにして下さいね。

あれもこれも知りたいのは解りますが、

せっかく申し込もうと思ったお客さんが、記入箇所が多すぎてやめてしまう!ということも起こります。

とにかく、まずは目立たせること!

それには

  • 大きさを他より大きくする
  • 色を他のものと変える
  • 形を他のものと変える

このように、申込書はとにかく目立たせるようにしてください。

たったこれだけのことですが、成約率が上がります。

 

さて、いよいよ第1位です。

第1位 複数回出していない

非常に多くの会社がやっていないこと。

それは、ダイレクトメールを複数回出さない、ということです。

 

あなたも意外に思われていませんか?

1回じゃだめなの?

続けて出したら嫌がられるのでは?

 

いいえ、間違いです!

ダイレクトメールは、1つのキャンペーンで最低3回は出すようにしましょう。

 

なぜ、3回も出す必要があるのでしょうか?

まず、1回目のダイレクトメールを見ていないから。

そして、1回目のダイレクトメールを見て、なんとなく気になっているから。

続いて、1回目のダイレクトメールを見て、気になっていたが、どこに片づけたか忘れてしまったから。

最後に、1回目のダイレクトメールを見た時は、不要だと思っていたが、3回目のダイレクトメールが届いたときは、必要なものに変わっている可能性があるから。

 

だから3回は出しましょう。

これは、カリスマセールスコピーライター“ダン・ケネディ”が発見し、セールスに応用して検証された「3ステップレター」というマーケティング手法です。

 

これを知った会社は、

いち早くこの3ステップレターを取り入れ、大成功を収めています。

 

3回出すので、コストは当然3倍かかります。

しかし、反応率は3倍どころではありません。

つまり、3回出した方がコストを遥かに上回る反応率が得られるわけです。

ですから、3回出さない手はありません。

 

いかがでしたか?

ダイレクトメールは、既存客の対するマーケティングに欠かすことは出来ません。

ですから、

シリーズでお知らせした、やりがちな間違いBEST5をシッカリと押さえて、反応の良いダイレクトメールを送ってください。

 

たったこの5つのポイントに気をつけるだけで、反応率は変わりますので。

ぜひ試してみて下さい。

 

まとめ

第5位 申し込み(問合せ)方法が少ない

第4位 支払い方法の選択肢が少ない

第3位 申込み期限が記載されていない

第2位 申込書が目立たない

第1位 複数回出さない

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ネット集客スタートセミナーin京都(11/28)

ネット集客の全体像を理解できます!全体像を知ることにより小手先の集客法に惑わされることもなくなります!

ネット集客セミナー

11月28日(土)京都にて開催決定!

詳しくはクリック!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。