反応が上がるダイレクトメールのチェックポイントBEST5 その①

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ダイレクトメール

反応が上がるダイレクトメールにするには、

やりがちな間違いポイントを押さえておく必要があります。

ダイレクトメールは、

小さい会社でも大きな売上を上げることができる、非常に強力な宣伝ツールということを前回お話ししました。

そして、ダイレクトメールは、

既存客に対するマーケティングが定石であるということも押さえたうえでお話しします。

あなたの会社や、自宅にもダイレクトメールは届きますよね?

私の会社にも届きます。

でも、そのまま捨てていませんか?

ほとんどはあなたにとって、興味のない情報だとしても、ダイレクトメールを今後活用する立場になれば、勉強になります。

たまには、中身を見てくださいね!

 

では、BEST5を紹介しましょう。

わかりやすいように、やりがちな間違いポイントにフォーカスします。

第5位 申込み(問合せ)方法が少ない

ダイレクトメールは、送った以上、お客さんに商品やサービスを申し込んでもらって初めて意味があります。売り上げにつながるということです。

その時、申込み方法が少なく制限されていると反応率は下がります。

 

申込み方法というのは、

電話、FAX、ハガキ、ホームページ、などがあります。

ここで問題となるのは、例えば1つしか選択肢が無い場合です。

 

例でたとえます。

  • 電話  → 営業時間以外はつながらない。なかなかつながらない。
  • FAX  → そもそもFAXを持っていない。
  • ハガキ → 書くのが面倒。近くにペンが無い。ポストに投函するのが面倒、忘れた。
  • ホームページ → インターネット環境がない。

 

お客さんは、あなたが思うほど申込みするための努力はしません。

だから、申込みしやすい環境をつくる必要があります。

先程の例でいえば、

お客さんが申込みしようと思った時に、4つの申込み手段がすべてがあれば言うことなしですが、少なくても2種類は用意しましょう。

 

ちょっとした些細なことで、申込みのチャンスは失われると思って下さい。

 

言い忘れるところでしたが、ホームページには注意点があります。

最近はスマホで申込みをするお客さんのほうが多いのが現状です。

ですから、

ホームページは、スマホ対応をさせて、見やすいページに、そして、入力しやすい形にすることが必要です。

第4位 支払い方法の選択肢が少ない

興味をもったお客さんが、

いざ申し込みをしようと思っても、お客さんが納得する支払方法が無いと、残念ながら購入には至りません。

 

  • 代引きのみ
  • クレジットカードだけ
  • 銀行振込だけ

といったように、支払い方法が1つだけ!というのもたまに見かけます。

 

お客さんによっては、

セキュリティ上むやみにクレジットカード決済を嫌う人がいます。

代引きのみだと、家に不在がちな方は躊躇しますよね。

銀行振込のみだと、銀行に行くのが面倒、振込手数料を負担するのがイヤ!

などお客さんにより、様々な感情をもたれます。

 

ですから、

支払方法が1つだけだと、お客さんは去ってしまう可能性があります。

せっかく申し込む気になっていても・・・です。

もったいないですよね!

 

支払方法は選択肢が多いほうが絶対有利です。

でも実際、そんな多くの支払い方法をそろえるのはチョット・・・

というあなたには、最低限

・クレジットカード

・銀行振込

この2つだけは必ず用意しておきましょう。

 

第3位からは次回ブログでお知らせします!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。